2012年12月01日

こどもの国

今日は明日のロケ地、横浜こどもの国に行ってみました。
紅葉はすでに大部分が終わって晩秋の雰囲気ですが、所々に色づいた木々が残っていました。

DSC05168.jpg


昼食は園内のレストランや売店で調達できると思いますが、混雑具合などを考慮すると駅改札を出てすぐのコンビニであらかじめ買っておいたほうが確実です。

それと、よくあることですが明日も別な撮影団体と開催がかぶっています。
先方の主催者、モデル、参加者はすべて私の知り合いで、全東が開催することを伝えてあります。
ロケ地は限られていますのでお互いに譲り合って撮影いたします。

なお、この園は名称からもわかるように小さいなお子さんなどが多く訪れていますので、移動中にカメラなどをぶつけたりしないように特にご留意ください。

トラブル等ないよう運営いたしますのでご協力のほどお願い申し上げます。

--
全東京写真連盟 さくら役員
posted by 全東京写真連盟 at 21:23| 日記

2012年07月09日

実録シリーズ公開

府中郷土の森博物館、上野水着、そしてミス日本2名様をお招きした納涼浴衣と、
怒涛の3週連続開催にご来場いただきまして誠にありがとうございました。

連続して行った反動と言うわけでもないですが、次回開催は4週間後の大宮公園
となっており、かなり間が空いてしまいます。
そこで、皆様のちょっとしたお暇つぶしに「実録シリーズ」として、過去の開催
で記録係が書き留めた撮影会レポートを大公開しちゃいます。

通常、撮影会のレポートは当日の記録係を担当する役員が作成し、連盟の内部資
料として保管され、一部は会報に掲載されていました。

しかし、今年から会報の形式が変わってレポートのコーナーが大幅に割愛された
為、みなさんの目に触れることはほとんどなくなりました。



それでは昨年(2011年)のレポートを1日1本づつ、5夜連続でお届けいたします。
本日は・・・
2011-05-22大宮公園です。
--
全東京写真連盟 さくら役員
posted by 全東京写真連盟 at 21:16| 日記

2012年06月29日

DSC05899_edited-1.jpg

府中郷土の森博物館撮影会の閉会式です。

会場のすぐ隣にある観光物産館で青梅が出ていたので買ってみました。

DSC_0116.jpg

今回は梅酒にしてみます。
梅のほかにも地元産の野菜が沢山並べられていて、ちょっと買いすぎてしまいました・・・


■さくら調理長の梅酒の造り方ガイド
準備する材料
・当然にして梅・・・あるだけ全部(今回は約1`)
・氷砂糖・・・・・・梅の総重量の半分よりちょっと少ない程度
・ホワイトリカー・・呑みたいだけ(35度、1.8Lの紙パック1本)

(砂糖を増やすと甘くて女性にも呑みやすくなりますが体に悪そうです・・・)

梅をよく洗ったら大き目のボールに入れ、あく抜きの為水を張って2,3時間放置します。
金串または竹串などで梅のへたの部分をを取ります。

蓋が閉まる広口のビンを軽く熱湯にさらして滅菌し、よく拭いたら梅、氷砂糖、梅、氷砂糖の
順で交互にビンの中に放り込みます。

ホワイトリカーをドボドボと注いで蓋を閉めたら日の当たらない所に保管して3ヶ月から1年ほど
寝かせると丁度飲み頃になります。梅はその時点で取り出して食べられます。

余談ですが、以前作ったときに長く寝かせておけば良くなるだろうと長期間果実を取り出さずに
いたらだんだん雑味が増えてきて、ついにダメになったことがあります。
適当なところで取り出しましょう。


次回は7月1日(日)上野公園野外ステージ(旧水上音楽堂)での水着です。
※一般参加の方は身分証明書の提示をお願いします。
http://www.atpf.jp/20120701ueno.html

--
さくら役員
posted by 全東京写真連盟 at 00:09| 日記